FX情報商材踊らされるだけ無駄!

sdf7sd87







FXで利益を上げたいとお考えの方にはとても魅力的なのが数々のFX情報商材かと思いますが、私自身も今まで次から次へと購入し、気がつけば数百万円以上もの大金を情報商材に注ぎ込んでいました。その種類も多岐にわたり、MT4の一目均衡表、自動売買に関するものや裁量トレードなど、効率良く利益を上げるために役立ちそうな商材は何でも一通り揃えてきました。

こうした情報商材に引き込まれるのも無理からぬ話、宣伝文句にはその商材のメリットがこれでもかと盛り込まれていますから、ほんのちょっと目を通しただけでとても気になる存在になってしまうものです。そしていつの間にか「これさえあればきっとFXで大きな利益を獲得できる!」という淡い期待を抱くようになり、購入に至るわけです。

しかし、そんな淡い期待が打ち砕かれるのはあっと言う間です。そのノウハウを学んだ直後は、瞬間的に効果があったかな?と思うことがあるかもしれません。問題は、それがけして長くは続かないということなのです。これは99,9%の確率でそうなると申し上げても過言ではありません。

少し頭を冷やして考えれば分かることでもあります。”このようにすれば必ず儲かる”、”数万円程度の元手で億単位の利益も余裕で目指せる”、そんな美味しい話を他人に、しかも大勢の人に売りたいなんて考えるでしょうか?本当にそんな確実な方法があるのなら、次から次へと新種の情報商材をリリースする必要はありませんよね。

では何故、これほどまでFX関連の情報商材が続々と発売されるのでしょうか?それはもとろん、販売者自らが利益を得るためです。では販売者自身は実際にFXで儲かっているのでしょうか? 

もちろん自らの体験談をでっち上げることはいくらでも可能ですから、全くFXで利益を獲得していないのに成功者を装い、もったいぶってノウハウを披露する体を装えば、いかにも価値ある商品であるかのように見せかけることだって可能です。

そんなのは詐欺じゃないか、と思うかもしれませんが、FXで儲けが出ていないことを立証する術がない以上、彼らが詐欺罪に問われることはありませんから、販売者側は法律の目を上手く掻い潜りながら商売しているということになります。

もちろん、実体験を元に利益を上げるノウハウをレクチャーしてくれる人物も存在することは確かですが、だからといってその人物から講習を受けたり、商材を買って学んだとしても必ず効果があるとは限りません。

FXで白星を増やしたければ、まず一つ一つのテクニックを研究する作業が重要となってきます。ですから、情報商材の内容がどんなに優れていても直接勝ちには結びつかないのです。そのことに気づけば、さんざん集めてきた情報商材が急にゴミの山に見えてくるはずです。オプションビットという業者では、サポート陣の中に、オンライン取り引き専門家が待機しており、質問に応えてくれます。利用しない手はないですね。

始めたきっかけ

小生が株のデイトレードを始めたきっかけは、定年退職してから自社株を売却した時からです。 丁度、2年前頃で民主党政権から安倍さんの自民党政権に代わる時期でした。日銀総裁の金融政策もあって株が次第に上昇し始めた時です。この時すでに口座を持っていたので、これを転機にして自社株をその日のうちに買ったり売ったりする所謂、デイトレードをする内に、平均株価の上昇とともに次第に小生の資産も膨らんでいったのです。 

当初の頃は○百万円だったものが、ほぼ一年後には2・5倍から3倍程度に膨らんだのです。 しかし、今はあまりやってませんがこのように、1日のうちに売買して損益を確定させる投資方法をデイトレードといい、特に、ネット取引の増加によって、デイトレードに参加した個人投資家が急増したといわれます。

リンク案内