FXでの利益の出し方

FXでは、異なる二つの通貨を一組にし、それを互いに売買しながら、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して利益を上げていきます。

この売買は、特に難しいことはなく、例えばアメリカの米ドルと日本の円とを考えた場合、米ドルが安くなった時に通貨を買っておき、為替レートが変動して、米ドルが高くなった時に売って、その差益を求めていくことになります。

また、FXでは「安く買って高く売る」の他に「高く売ったものを安く買い戻す」という方法でも出来るために、こうした事により、例えば為替相場が円安方向に動いた場合にも、円高方向に動いた場合でも、どちらでも利益を出すことができるため、為替相場の方向に関わらず、そこにレートの変動幅があれば収益を求めることが可能であることが、FXの強みでもあります。

為替レートの変動は、細かな上下動を繰り返しながら、大きく緩やかな上下の波形を作っていくことが知られています。
こうした反復の頂点から切り返していく部分で、通貨を保持していけば、そこから起る変動幅の長さ分の利益が得られ、例えば最底部から天頂部までは「通貨を安く買って高く売る」の注文方法で利益を取り、天頂部から最底部までは「通貨を高く売って安く買い戻す」の注文方法で利益を取ることができるようになり、状況と注文の入れ方次第では、常に利益が得られるため、不況に強い投資取引であると言われているのです。

またFXではこうした売買の形でその差益を求めていく方法以外に、通貨の金利差を利用した利益の求め方もあります。

通貨には、それが発行される国や地域ごとに設定されている金利というものが存在しています。
FXの取引きでは、この金利差の事を「スワップポイント」と呼んでおり、金利の安い通貨を利用して、金利の高い通貨を買って保持していると、日ごとの集計でこのスワップポイントを受け取ることができるようになっています。

このことを利用し、一回の取引きを月単位、年単位という長い期間で続けていき、このスワップポイントを貯めていくことで、例えば害が貯金のような感覚でじっくりと資産を運用していくことができるのです。

例えば、日本の円は金利が低いことで有名ですので、この円を使って外貨を買って保持していけば、スワップポイントを得ることができるようになり、豊富な自然に恵まれたオーストラリアの豪ドルなどの資源産出国の通貨は、高金利で安定した値動きを見せることで知られているために、こうした通貨ペアでの長期投資がスワップポイントには向いて言えると言えます。

スワップポイントの大きさは、取引業者によって差異があるのですが、例えば円と豪ドルの為替レートが80円として、1万豪ドルを買った場合のスワップポイントが、一日40円とすれば、一年間で1万4千円ほどの利益が、通貨を保持しているだけで利益として得られることになります。

ただし、このスワップポイントを求める取引きで気を付けなくてはならないのは、通貨を買う向きになります。
金利の安い通貨で、金利の高い通貨を買って保持すればスワップポイントを得られますが、金利の高い通貨で、金利の安い通貨を買って保持した場合には、スワップポイントを支払わなくてはならないため、組み合わせる通貨ペアの金利は、必ず確認するようにしましょう。

始めたきっかけ

小生が株のデイトレードを始めたきっかけは、定年退職してから自社株を売却した時からです。 丁度、2年前頃で民主党政権から安倍さんの自民党政権に代わる時期でした。日銀総裁の金融政策もあって株が次第に上昇し始めた時です。この時すでに口座を持っていたので、これを転機にして自社株をその日のうちに買ったり売ったりする所謂、デイトレードをする内に、平均株価の上昇とともに次第に小生の資産も膨らんでいったのです。 

当初の頃は○百万円だったものが、ほぼ一年後には2・5倍から3倍程度に膨らんだのです。 しかし、今はあまりやってませんがこのように、1日のうちに売買して損益を確定させる投資方法をデイトレードといい、特に、ネット取引の増加によって、デイトレードに参加した個人投資家が急増したといわれます。

リンク案内