あなたの信用度=最低証拠金維持率

sd8yof77







最低証拠金維持率とは何でしょうか。それは取引を継続するために必要な最低限キープしておかなくてはならない証拠金率のことを指し、ずばり「あなたの信用度」になります。FX取引ではレバレッジを利用して自分が持っている以上の大きな金額を動かす事が可能です。これは自分の信用=担保を元にしており、この担保となるのが証拠金になります。

FX業者としてはこの担保を元に信用貸しをして、個人がレバレッジを利用した大きな取引を可能にしてくれるわけです。しかしその反面、信用が小さくなればなるほど「レバレッジを利用した取引は不可」または「担保を増やしてください」ということを要求せざるを得ません。

この判断の元になるのが「最低証拠金」「証拠金維持率」になります。取引中に最低証拠金維持率に近づくと、最低証拠金維持率に達しますという警告がメール等を通じて発せられます。   業者によっては利用している携帯電話に直接メールで知らせてくれることもあります。

ではこの最低証拠金維持率について、一例を挙げて詳細を説明していきましょう。最低証拠金維持率30%、証拠金が100万円、レバレッジ3倍の利用で300万円分外貨を購入したとしましょう。外貨が10万円値下がり、評価額は240万円になってしまいました。

・証拠金100万円−値下がり10万円=90万円
・証拠金90万円÷購入額300万円=0.3

0.3=30%ですから、10万円以上の外貨値下がりになると最低証拠金維持率30%を切ってしまうわけです。そうなると追証が必要となり、新たに現金を口座に入れることが課せられます。取引を続ける為には最低証拠金維持率の30%を回復させなければならないのです。最低証拠金維持率が低いほど、追証が課されることも少なくなるのでレバレッジを頻繁に利用したいと考えている投資家にとっては好都合と言えます。

但し気をつけておきたいのが、レバレッジの倍率が高倍率なほど損失も比例して大きくなるということです。最低保証金維持率をキープすることが難しくなるのは、高レバレッジの取引であるということも頭に入れておくことが大切です。

株式投資やその他の取引に関しても同じことが言えますが、投資で失敗するタイプに共通するのが高いレバレッジで安易に一攫千金を狙う人です。高レバレッジをFX攻略のツールとして冷静に取り扱う必要があります。高いレバレッジで大きな取引をするのは魅力的ですが、後に困った状況に陥らないよう、事前によく考慮してから取引をするのが得策です。高レバレッジで取り引きが可能な業者の一つにXEマーケットがあります。XEMarketsの出金入金手続き、サポート、ボーナス、安全性など、総合的に見ても優秀な業者だと言えます。

始めたきっかけ

小生が株のデイトレードを始めたきっかけは、定年退職してから自社株を売却した時からです。 丁度、2年前頃で民主党政権から安倍さんの自民党政権に代わる時期でした。日銀総裁の金融政策もあって株が次第に上昇し始めた時です。この時すでに口座を持っていたので、これを転機にして自社株をその日のうちに買ったり売ったりする所謂、デイトレードをする内に、平均株価の上昇とともに次第に小生の資産も膨らんでいったのです。 

当初の頃は○百万円だったものが、ほぼ一年後には2・5倍から3倍程度に膨らんだのです。 しかし、今はあまりやってませんがこのように、1日のうちに売買して損益を確定させる投資方法をデイトレードといい、特に、ネット取引の増加によって、デイトレードに参加した個人投資家が急増したといわれます。

リンク案内